【鉄道】東京から福岡、あえて新幹線で行く 9割以上が飛行機を選ぶ区間、「のぞみ」はアリか?



:
東京~福岡間の移動において、JRのシェアは7.5%しかありません(2016年度。JR西日本、国土交通省の資料による)。

同区間の所要時間は飛行機の場合、空港アクセス時間を含めて約3時間ですが(羽田空港から福岡空港までのフライト時間は2時間弱)、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」は1069.1kmを走行し、約5時間かかります。

移動のシェアについて同じ資料によると、東京~岡山間はJR 62.3%、東京~広島間はJR 62.7%、東京~山口間はJR 28.9%です。新幹線が飛行機に対し競争力を発揮するのは所要4時間までで、俗に「4時間の壁」などといわれますが、東海道・山陽新幹線でも所要時間が4時間を越えるあたりから、飛行機のシェアが大きくなっています(新幹線の所要時間は東京~広島間が4時間弱、東京~新山口間が4時間30分弱程度)。

 さて2018年3月、東京~福岡間の移動において、「7.5%の1人」になってみました。

意図的に「のぞみ171号」を選択
 乗車したのは、東京駅を11時40分に発車する臨時列車の「のぞみ171号」博多行き(土曜日に乗車)。ダイヤは以下の通りです(カッコ内は通過駅)。

東京11:40着→品川11:46着→新横浜11:58着→(小田原・熱海・三島・新富士・静岡・掛川・浜松・豊橋・三河安城)→名古屋13:21着→(岐阜羽島・米原)→京都13:58着→新大阪14:13着→新神戸14:28着→(西明石・姫路・相生)→岡山15:03着→(新倉敷・福山・新尾道・三原・東広島)→広島15:41着→(新岩国・徳山)→新山口16:15着→(厚狭・新下関)→小倉16:35着→博多16:53着

 所要時間は5時間13分。東京~博多間の「のぞみ」所要時間は最短だと4時間46分ですが、今回はあえて所要時間の長い「のぞみ」を選びました。乗車した「のぞみ171号」はN700系による運転でしたが、最高速度が285km/hと低い700系でも走れるダイヤになっていることなどから、所要時間が長くなっています(N700系の最高速度は300km/h)。

 運賃・料金について、普通にきっぷを買うと2万2950円(普通車指定席・通常期)ですが、今回は3日前までの予約で長距離区間の「のぞみ」を割安に利用できる「EX早特」を使用(会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の商品)。1万7000円で、東京駅から博多駅まで「のぞみ」の普通車指定席を利用しました(平日の乗車は+400円)。

 同様に、搭乗3日前までに購入できる飛行機の割引運賃は2万7000円前後です(2018年4月7日〈土〉時点における4月14日〈土〉搭乗のJAL特便割引3、ANA特割)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00010000-norimonov-bus_all