【野球】<ハム清宮>3の0、20打数連続無安打も「いい感じ」栗山監督は早期1軍のラブコール「結果はどうでもいい。打てば使う」



:
◆イースタン・リーグ 西武7―7日本ハム=延長11回=(11日・西武第二)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が11日、イースタン・西武戦(西武第二)に代打からDHで出場し、3打数無安打1三振だったが、栗山監督からは早期1軍のラブコールが送られた。

 6回1死の代打で空振り三振。7回1死二塁、9回1死一塁では、ともに左飛に倒れた。限局性腹膜炎の影響で10日に実戦復帰したばかり。練習試合、オープン戦から実戦22打席、20打数連続無安打となったが、「いい感じ。体重移動、間合いが戻ってきた。あとはちゃんとバットに当てること」と感触を口にした。

 荒木2軍監督は「まだ自分のスイングができていない。想定内」と語り、12日の同カードでは一塁でスタメン起用し、2打席程度を見込む。福岡にいる栗山監督は「結果はどうでもいい。打てば使う。今は右打線になっていて、アルシアが出られないんだったら、左が欲しい」と熱望していた。

4/12(木) 7:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000045-sph-base