【テニス】大坂なおみ「日本代表で東京五輪に出たい」

:
テニスの女子で世界ランキング22位と活躍している大坂なおみ選手が、16日NHKのインタビューに応じ、2年後の東京オリンピックについて、「日本代表でオリンピックに出たい」と明言し、出場に意欲を示しました。

大坂選手は、ハイチ出身の父と日本人の母のもと大阪市で生まれて、3歳からアメリカに移り住み、20歳の先月、四大大会に次ぐ格付けの女子ツアーの大会で日本選手として初優勝を果たしました。

大坂選手は優勝後初めて、16日、都内でNHKのインタビューに応じ、「レベルの高い大会で決勝を戦ったのが初めてで緊張したが、優勝できて、すごくうれしい。日本選手で初めてというのは不思議な感じ」と、英語に日本語を交えながら心境を話しました。

大坂選手は、今月21日から兵庫県で行われる女子の国別対抗戦に日本代表として出場する予定で、「日本でプレーするのが好きだし日本に来たかった。国を代表するのでほかの大会とは全く違い、みんなと一丸になって戦えるのは、とてもすてきなことだと思っている」と、出場を決めた胸の内を話しました。

IOC=国際オリンピック委員会は、オリンピックに出場する選手のルールに、国や地域の代表として出場した大会から、原則として3年は他の国や地域の代表になることはできないと憲章で定めていて、東京オリンピックは、今回の大会から2年3か月後に開かれます。

大坂選手は「日本代表で東京オリンピックに出たい。母は日本人であることをとても誇りに思っている人で、私が日本代表になることにはとても大きな意味がある」と明言し、日本代表としてオリンピック出場を目指す決意を語りました。

そして、活躍に注目が集まる今後については「目標にしていた世界ランキング20位以内は目前でもちろん入りたいが、ミスのないプレーをして、四大大会など大きな大会で優勝したい。優勝は可能だと思っている」と意欲を示しました。

4月16日 17時24分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180416/k10011405811000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014